検索
  • 裏千家ながらそうびん 春日井教室

裏千家お家元 相伝稽古 長月その1


鵬雲斎大宗匠より9、10月は名残の季節となり、在釜(ざいふ)と書かれ釜1つで茶がたち、おもてなしをする事が出来ますが在茶とは言いません。また茶が自然に心を穏やかにさせます。道具の取り合わせも趣きがあれば、道具の良し悪しではなく精神的な気持ちを持って茶の良さを知ることが、大切であるとお話しされました。


59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示